ママちゃり行政書士 遺言 相続専門でやっとります!

豊中の遺言 相続専門行政書士   お役にたてれば 幸いです。

介護

老後に住む施設とは? 7

介護施設で気になるのはそのサービス内容とともに「費用」ではないでしょうか? 費用の明細としては、 ●介護費用●食費●居住費(家賃)●管理費(民間老人ホーム)●生活費 といった感じでしょうか。 入居の際の一時金が発生する施設も有ります。上記の月額発生…

老後に住む施設とは? 6

あと民間で増えてきているのは、サービス付き高齢者向け住宅というものです。略してサ高住なんて呼んだりします。 これはバリアフリーが完備された独立した住まいという事で、外出の付き添いや食事の提供などはオプションとなります。 また介護サービスなど…

老後に住む施設とは? 5

今までみてきた施設は基本的には介護を必要とする施設でした。高齢ではあるがまだ実際の介護は必要ではない。自立は出来ているが食事などの準備は任せたいといった方向けの施設も有ります。 一部公的な施設としては、ケアハウスがあります。これは比較的費用…

老後に住む施設とは? 4

民間の施設になると条件が少し緩やかになり、入居しやすくなりますが費用の方が高くなる傾向にあります。施設内の設備やスタッフの人数 サービス内容などにより大きく変わります。〇介護付き有料老人ホーム〇住宅型有料老人ホームなどがあげられます。 目安…

老後に住む施設とは? 3

〇介護老人保健施設 通称 老健と呼ばれたりもします。介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すための施設です。本格的なリハビリとともに医療体制も充実しています。ただし 3か月ごとに退所することが可能かどうかの判定があります。 老…

老後に住む施設とは? 2

比較的費用が安い公的施設としては、以下のものがあげられます。ただその分人気が高く条件があったり、順番待ちに期間がかかったりします。 〇特別養護老人ホーム この施設は、特養ともよばれご存じの方も多いのではないでしょうか?条件としては要介護3以上…

老後に住む施設とは? 1

老後の住まいについて考えておられる方も多いのではと思います。すでにご自身の住む家を確保されている方であっても、体が不自由になったり、意思能力が不確かになった場合一人暮らしなどは難しい状況になることも有るかもしれません。 ではそういったときに…

介護に関わる人々のお話 8

その他には、施設や病院での食事では管理栄養士さん。薬剤師や歯科衛生士さんなどもいます。 あと社会福祉協議会や地域包括センターの職員さんなども相談にのってくれます。一人で抱え込まずに多くの人の協力また制度を利用して介護に向き合っていくというこ…

介護に関わる人々のお話 7 作業療法士と言語聴覚士

〇作業療法士 利用者の日常生活に即したサポートをするのが作業療法士さんです。調理や着替え、入浴など。ちょっとした工夫や用具を使うことで日常生活ができるようになることも多いにあります。自分でできるようになるということは、ストレスがへりメンタル…

介護に関わる人々のお話 6 理学療法士

これからお話する専門家については私も最近まではっきり理解していませんでした。。。 〇理学療法士 ケガや病気などで身体機能に問題が生じたときに、立ったり歩いたり座ったりという基本的な動作ができるように機能回復を目指すリハビリを行ってくれる方で…

介護に関わる人々のお話 5 福祉用具専門相談員

〇福祉用具専門相談員 福祉用具貸与、販売事業者に配置が義務付けられています。利用者の身体の状態や症状にあった福祉用具を設定、フィッティングしてくれます。福祉用具も日進月歩していますので、新しい情報を入手し、本人にとって最適な用具を利用するこ…

介護に関わる人々のお話 4 メディカルソーシャルワーカー

〇メディカルソーシャルワーカー これは聞きなれない言葉かもしれませんが、知っておくメリットは大きいです。入院設備のある病院で患者さんからの様々な相談に乗ってくれる方々です。相談内容は、転院や施設入所、金銭的な問題など多岐に渡ります。 退院後…

介護に関わる人々のお話 3

〇施設職員 デイサービス、ショートスティなどでお世話になります。車で送迎が可能で、一定期間レクリエーションや食事、入浴などをおまかせすることができます。これは介護者にとっても非常にありがたいことです。 〇看護師、医師、歯科技師など医療従事者 …

介護に関わる人々のお話 2

〇訪問介護員 ヘルパーさんなんて言ったりしますね。利用者宅へ出向いて身の周りの世話をおこなってくれます。具体的には、食事の介助、排せつ介助、入浴介助や家事(買い物、調理、洗濯、掃除)など様々です。利用者本人の状態 事情によって変わりますし、…

介護に関わる人々のお話 1

これも重要なお話ですが、介護に重要なものは情報とであり、またチームで行うという事です。ご本人と介護者が孤立する状態が一番自体を悪化させます。 認知症に対する知識も不足したまま介護を続けた場合、双方にストレスがかかってしまい介護も続けることが…

介護保険制度についてのお話 8 ケアマネージャー

③ケアマネージャーは変更できますか? ケアマネージャーは変更できます。介護保険利用にあたって、体調や病気 時には家族関係の事まで いろいろなことを相談する相手でもありますので、会う合わない、信頼が置けるかどうかなども有ると思います。 最初からぴ…

介護保険制度についてのお話 7 ケアマネージャー

ケアマネージャー よくある疑問①ケアマネージャーに頼むといくらかかるの? 要介護認定を受けている場合、利用者の負担はありません。 ②ケアマネージャーは必ずいないといけませんか? 絶対というわけではありません。利用者自身や家族がケアプランを作成と…

介護保険制度についてのお話 6 ケアマネージャー

ケアプランは、これから認知症であるご本人をどうサポートしていくのかという計画ですので、とても重要です。介護者の希望やわからないことなどはしっかりケアマネージャーに伝えて確認しましょう。 ケアマネージャーを選ぶときのポイントに話をよく聞いてく…

介護保険制度についてのお話 5 ケアマネージャー

要介護認定がおりたあとは、介護サービスをうけるためにケアマネージャーによってケアプラン(介護サービス計画書)が作成されます。 ケアマネージャーというのは、介護支援専門員のことです。 介護保険サービスの利用は、要介護度のランクによって月々の支…

介護保険制度についてのお話 4

「要支援状態」というのは、常に介護が必要というわけではないけれど家事や身支度などで支援が必要な軽度な障害で、日常生活に支援が必要な方を指します。 「要介護状態」というのは、入浴や排せつ、食事など 日常生活の面で常時介護の必要性がある状態を示…

介護保険制度についてのお話 3

申請の流れとしては、 ①介護保険の申請→訪問調査日を決める ↓ ②家族などが立会、本人と調査員が面談。本人の体調や家族などの介護状況の聞き取りが行われます。 ↓ ③一次判定 訪問調査票をもとにコンピューター判定 ↓ ④二次判定 有識者による判定により要介護…

介護保険制度についてのお話 2

原則として65歳に以上の人が申請できます。逆に言うと申請という手続きをしないと使えないということでもあります。また40歳から64歳までの人でも老化が原因で発症する特定疫病に該当する場合は介護保険を申請することが可能です。 申請窓口は、市区町村役所…

介護保険制度についてのお話 1

介護保険制度というのは、聞かれたこともあるかと思いますし、実際に給与から天引きされたりして言葉自体目に触れることも多いと思います。 その中身と関連する事柄についてお話していきたいと思います。まず介護保険制度はなんのためにあるのかという目的で…

介護って誰がするもの? 6

介護に関する情報の入手先ですが、まずは地域包括を利用するのが一番だと思います。そこで情報を得たりまた別のところを紹介してもらうことも可能です。 後は、民生委員や社会福祉協議会の方に相談をするというのもアリです。また各地域で介護者の会なんてい…

介護って誰がするもの? 5

無理をするというのと同義で孤立するということも挙げられます。介護は情報戦だともよく言われます。国の制度なども変わることがありますし、施設が空いている空いてないといった状況も刻一刻と変わります。また介護してもらう本人の状態も変わっていきます…

介護って誰がするもの? 4

介護は無理をすることが一番の大敵です。まずは協力を仰げる親族関係の洗い出しをしてみましょう。 それまではあまり疎遠であったとしても義兄弟や甥姪などに協力的な人がいたり、看護師や介護士といった専門的な知識を持った人がいるかもしれません。または…

介護って誰がするもの? 3

おひとりさまが増えているということもあり、介護離職をして息子さんがという方もいらっしゃいます。また結婚はしているが自分の妻に義理の母親の介護を頼みにくいというのも正直あったりします。 自分は定年退職も近づいてきているが、妻はパートなど現役で…

介護って誰がするもの? 2

奥さんが要介護者になり、その旦那さんが介護をする老々介護も増えています。70代80代世代が看るというのはなかなかに体力的にも過酷です。 そうなった場合は早いうちに地域包括などに相談して施設やサービスなどの利用を検討すべきですが、その世代の方の傾…

介護って誰がするもの? 1

これもデリケートな問題ですね。選択肢の無い場合もあるとは思います。昔は、子供の嫁が看る、つまり義理の親のお世話をするという事が多かったようです。または実子のなかでも娘が中心になって介護をするということも多く、だいたいはこの2パターンでした。…

介護についてのお話  9 離れて暮らす親

大切なことは、家族だけで見守りをしようと思いすぎないことです。周りの協力や理解をいかにしてえるのかというのが大切です。高齢化の世の中では、老化に伴う認知症などは当たり前になってきています。地域全体でサポートしていかないとなかなか解決してい…