ママちゃり行政書士 遺言 相続専門でやっとります!

豊中の遺言 相続専門行政書士   お役にたてれば 幸いです。

不動産をめぐる相続トラブル事例集 1-1 不動産が共有だった!!

 遺された不動産が共有名義であることが発覚したという事例です。旦那さんがなくなり、奥さんと子供二人がいました。子供たちはすでに独立しており、母親一人で住んでいます。子供たちは父親の遺産はすべて母親が相続するという事で納得していました。子供たちは経済的に自立しており、「お母さんのためにも」という円満なご家庭です。
 一人で住むには広すぎると考えた母親は売却を検討します、子供たちも賛成してくれています。
 しかしここで大問題。思いがけない事実に直面し、売却の話が前に進まなくなってしまったのです。