ママちゃり行政書士 遺言 相続専門でやっとります!

豊中の遺言 相続専門行政書士   お役にたてれば 幸いです。

遺言書を作成しておいたほうが良いケース⑧


『遺産分割の方法や割合を指定しておきたい』

 これは残される相続人の生活状況や最後面倒をよく見てくれたものへの感謝として、均等割りではなく、自分の意思を反映させたいといった場合です。
例)
 家・不動産は、墓守もふくめてお願いしたい長男へ。
 現金 預貯金は、長男、次男、長女で均等割り
 株は、最後自分の面倒を見てくれた長女に。
といった感じで、自分の意思を反映させた内容にすることが可能です。
 ここにも理解を促す付言はつけるべきだとは思います。